ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




Amazonエッセンシャルズは日本で流行るのだろうか。

ストア, 洋服店, 衣料品, ショッピング, ファッション, インテリア

 

どうも、ゴリラストロングです。

 

突然ですが、皆さんは「Amazonエッセンシャルズ」という言葉をご存じでしょうか。

筆者も最近知った言葉で、これはAmazonが展開するアパレルのプライベートブランドの名前です。

恐らく日本では知名度がまだ低いのではないでしょうか。

 

詳細は下記をご参照下さい。

amzn.to

www.nikkei.com

 

この「Amazonエッセンシャルズ」について筆者は以下のような考えを持っています。

 

Amazonエッセンシャルズは日本では流行らないだろう。」

 

理由は以下の通りです。

 

ユニクロの存在が大きすぎる。

・試着の問題。

・服へのこだわりを払拭できない。

 

日本でのアパレル業界におけるユニクロの地位は圧倒的だと思います。

品質、価格、供給力のどれをとってもアマゾンが勝てるようになるとは大抵思えません。

試着の問題も大きいと思います。

筆者はイーコマースでは服は絶対といっていいほど買いません。

なぜなら各メーカーによって同じLサイズでも微妙にサイズ感が異なるからです。

身に付けるものへのこだわりもAmazonエッセンシャルズが満たせるとは思えません。

ユニクロでさえ10数年前はカッコ悪いイメージがついていました。

それを長い時間をかけてイメージを覆してきて現在に至ると思うが、Amazonが同じことを長い時間かけてやるメリットがそこまで大きいとは思えません。

 

また、スケールメリットの観点から言ってもAmazonがその強みを活かせるとは考えにくいでしょう。

同じ服でも様々なサイズや色を用意する必要があるし、それを大量に生産したとして消費者が「大量に生産された画一的な服」を欲しいと思うかどうかは微妙でしょう。

Tシャツやパンツ、靴下といった肌着なら他人と同じものを着ていても抵抗感はありませんが、ジャケットやボトムスなどは難しいのではないでしょうか。

それを言うとなぜユニクロは大量生産した画一的な服が売れるのかという疑問が残りますが、ユニクロがそれを成し遂げるまでに費やした時間やコストを鑑みれば、やはりそれはユニクロの特権なのではないでしょうか。

 

さらに市場に参加しているプレイヤーの数からいっても日本におけるアパレル市場は、これから参入するにはレッドオーシャン過ぎるのではないでしょうか。

少し考えただけでも、ユニクロ、GU、しまむらH&MZARA無印良品などが思いつくが、完全に供給過多で参入するうまみがないことは明らかだと思います。

 

筆者はむしろユニクロと協業したほうがよっぽどいいと思います。

最近では無印良品の商品もAmazonで買えるようになって消費者の利便性が向上したのではないでしょうか。

もしユニクロの商品がAmazonで買えるようになればこれほど便利なことはないと思います。

 

価格競争の面でもユニクロには勝てるかもしれませんが、GUに勝つのは難しいのではないかと考えます。

そうなるとAmazonエッセンシャルズの強みは非常に中途半端なものになってしまうだろうと思います。

 

Amazonは「Amazonエッセンシャルズ」以外にも、「グッドスレッズ」、「アイリスアンドリリー」というプライベートブランドを展開しているが、知っている人はほとんどいないのではないかと思います。

筆者も今回「Amazonエッセンシャルズ」を調べている過程でたまたま知ることができたくらいです。

それだけAmazonにとってアパレル業界は鬼門なのだろうと思います。

 

Amazonエッセンシャルズが日本で大成功するには、

「かっこいい」

「クオリティ高い」

「リーズナブルな価格」

というイメージが付くようになる必要があるが、どういった広告戦略がとられるか大変興味深いところではあります。

現状はというと、商品ページを見た感じではあまりイケてない、ターゲットが分からない、GAPの劣化版みたいというイメージを持ってしまいました。

 

結局のところ、供給過多である日本のアパレル業界に今更Amazonが参入しても、価格競争の激化を招き業界全体の利益を潰すことになるのは明白だと思います。

また、国土が狭くリアル店舗で供給を十分まかなえている日本においては、イーコマースでアパレルを販売するメリットは非常に薄いと言わざるを得ないでしょう。

アメリカで圧倒的に流行れば流行に敏感な我が国の国民性を考えると可能性がないとは言えないかもしれませんね。

 

とにかく、我が国では「着るものまでAmazonに支配されたくない」と考える層が厚いのではないかと想像します。

そこまで着るものに無頓着な層がいるとは思えないし、そういった人たちはすでにGUやしまむらで購入する習慣ができているはずです。

ユニクロで靴を売っていますが、筆者がユニクロの靴を買わない理由も似たようなもので、「さすがに靴までユニクロで買いたくない」という心理があります。

靴までユニクロで買ってしまったら、ファッションに対して一線を越えてしまうような気がするからです。

同様に洋服をAmazonエッセンシャルで購入することには、この心理的ハードルを壊さなければならないと思います。

それが現状だと大変難しいと筆者はみています。

 

もし、筆者がAmazonエッセンシャルズの販売担当だったとしたら、まずは「世界で最高の肌着」を作って販売することを足掛かりとすると思います。

そのクチコミでもってブランドイメージを確立することが販路拡大への近道であると思うからです。

ユニクロも黎明期には「フリース」で名を上げたように、「Amazonエッセンシャルズといえば最高の肌着」みたいなイメージを築き上げることが先決だったりするかもしれません。

 

個人的にはAmazonにはメーカー的な役割はあまり期待していません。

あくまで世界最高のサプライチェーンとしての役割を全うしてほしいと思っています。

アパレルでいうと韓国のSPAブランド(8 seconds、SPAO、TOP TENなど)を日本で買えるようにして欲しいと思っています。

以前韓国に旅行した際にいくつかのSPAブランドの店舗で買い物をしたが、ユニクロよりも個性的でデザイン性に富んだ服が多く日本でも流通すれば売れるのにと思ったからです。

 

現時点でAmazonエッセンシャルズの服が巷にあふれる日常はなかなか想像ができませんが、Amazonの販売力で市場を席巻することはあるのでしょうか。

その行く末を注視していきたいと思います。

 

最後までご覧いたいただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

 

 

『アマゾンのすごいルール』本当に凄いアマゾンの哲学。

どうも、ゴリラストロングです。

 

今回はこちらの書籍を読んでみました。

 


アマゾンのすごいルール

 

この書籍を読んで思ったことは、アマゾンという会社は凄い組織で、特にCEOであるジェフ・ベゾス氏がこれまた凄い人物であるということです。

ジェフ・ベゾス氏は非常に合理的だしストイックな考え方を持った人物であると言えます。

そういったトップの考え方が組織全体に根付いていることもまた世界一の会社を成り立たせている要因なのだと感じ、普段筆者がアマゾンのサービスを利用していて感じる利便性や快適性もこういった組織風土のなせる業なのだと思いました。

 

今回はたくさんの名言が収められているこの書籍から筆者が感銘を受けた言葉を紹介したいと思います。

 

Good intention doesn't work,only mechanism works.

(善意は働かない。働くのは仕組みだ。)

●善意だけでは規模を拡張することも継続することもできない。

●善意だけで従業員は働き続けられない。

●仕組みの土台の上で、従業員の善意が発揮される。

 

Still Day one.

(まだ一日目。)

ジェフ・ベゾス氏が社員から自叙伝を出さないのかと問われた際に発した言葉。

●アマゾンがまだ始まったばかりの事業であることを端的に示している。

●何か大きな目標を達成したときでさえアマゾンの社員から発せられる言葉である。

 

Social Cohesionに注意して下さい。

(馴れ合い、親しい間柄での妥協)

●人間関係のしがらみに縛られた判断はジェフ・ベゾス氏の頭には全くない。

●肝心な場面では組織間や会社間の馴れ合いを排除することが必要。

●社会的なしがらみ、癒着に近いようなことが起きてしまうと、人は妥協する。

 

こういった言葉からもジェフ・ベゾス氏が非常に合理的でストイックな人間性を持っていることがうかがわれます。

普段私たちが使っているアマゾンのサービスを運営している組織がどんな哲学のもとに組織運営をしているのかということを把握できる良著であると思います。

是非一度ご覧になってみてください。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

スウェーデンの対コロナ政策の背後にある考え方を調べてみました。

どうも、ゴリラストロングです。

 

今回はコロナウイルス対策で諸外国とは一線を画す政策を実行していると言われているスウェーデンについて調べてみました。

 

調べようと思い立ったきっかけはこちらのツイートです。

 

 

 

どちらとも著名なインフルエンサーの方のツイートですが、同じ現象でも見方によってはこのように対照的です。

どちらのツイートも事実に基づいたツイートだということはググって確認しました。

 

スウェーデンの人口は1023万人。

感染者数累計は77281人。

累計死者数は5619人。

7月17日の死亡者数はゼロ。

4月の中旬をピークに死亡者数は減少傾向。

100万人あたりの死亡者数はアメリカやフランスよりは多いが、英国やイタリアよりは少ない。

 

このように情報発信者が何を言わんとしているかで情報の切り取り方が変わるので自分で調べる習慣はつけたほうがいいと思いました。

そういうわけで、筆者がスウェーデンの対コロナ政策を調べてみて感じたことをまとめようと思います。

 

スウェーデンのステファン・ロベーン首相の発言

「感染拡大の防止に向け、成人市民の一人ひとりが個人的な責任を負うべき。」

「私たちは曲線を平らにしてあまり劇的な経過をたどらないようにする戦略を選んだ。なぜなら医療システムが対応できないからだ。」

「しかしそれはまた、いずれ集中治療を必要とする重症患者が増え、死亡者数が増えることを意味します。我が国の死亡者は数千人を数えるだろう。」

 

スウェーデン公衆衛生局の国家疫学官、アンデシュー・デグネル氏の発言

「流行への対策にもマイナスの影響がある。」

「政策に改善の余地はあるが、変更はしない。」

 

スウェーデン政府に助言する疫学者ヨハン・ギーゼケ氏の発言

「ロックダウンに効果があるという証拠はない」

 

これらの人物の発言から筆者が感じ取ったのは、スウェーデンではロックダウンなどの流行への対策のマイナスの側面を国民に説明したうえで、国民一人ひとりの個人的な行動に流行対策の重きを置くというコンセンサスを形成したのだということです。

加えて首相の発言からも見て取れるように、医療システムが崩壊しないように感染者数の増加をコントロールするよう試みるが、最終的には数千人の死者が出ることは避けられないということを国民に対して明らかにしたことも、過度な流行対策をしないという国民の選択を後押ししたのだと思います。

 

また、スウェーデンでは集団免疫の獲得を目指して感染症対策を何もしていないというイメージが筆者にはありましたが実際には違うようです。

 

・発熱、咳があれば自宅療養。

・他人とは社会的距離をとる。

・可能なら在宅勤務する。

・70歳以上は出来るだけ他人と接触しない。

・50人超の集会は禁止。

・店での飲食は席と席との間隔をあける。

 

上記のような要請や制約がなされていたのが実情のようです。

そのうえでスウェーデン政府は国内の経済活動をストップさせたり、都市封鎖をしない代わりにスウェーデン国民に責任を持つように求めました。

そしてこの方針にスウェーデン国民は大方賛成しています。

 

肝心の集団免疫の獲得の成果については、「成功か失敗かは判断できない」としています。

また、死者のうち50%が介護施設に入居する高齢者のようです。

これらのことについて批判があるようですが、アンデシュー・テグネル氏は「我々がやってきたことは明らかに改善の余地がある」と述べたうえで、政策に改善の余地はあるが変更はしない、と説明をしています。

 

最後に筆者個人の見解をまとめます。

・日本とスウェーデンがとった対コロナ政策は結構似たり寄ったりだった。

・違った点は政府の意思決定に対して国民のコンセンサスがあったかどうか。

・大規模な流行対策を実施しても最終的に亡くなる人の総数が変わるわけではないのかもしれない。

 

「失敗はなお無為に勝る。」という格言がありますが、対コロナウイルス政策に関してはスウェーデンのように「出来るだけ何もしない」ことが正解だったりする可能性も否定はできませんね。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

 

 

『マーケティングのすゝめ』日本は21世紀のマーケティングの視点でイノベーションを創出せよ。

どうも、ゴリラストロングです。

 

今回はマーケティングのすゝめ』という本を読みましたので、簡単に内容のまとめと筆者の見解を述べたいと思います。

 


マーケティングのすゝめ (中公新書ラクレ 567)

 

 

マーケティングの本質とは

日本企業はマーケティングの本質を誤解している。

21世紀のマーケティングの視点とは、顧客にとって価値のあるモノやサービスを通して顧客の問題解決のお手伝いをすることである。

20世紀のマーケティングは誰に何を売るのかを決めるプロセスだった。

対して21世紀のマーケティングは顧客の問題を解決することで顧客の価値を高めるプロセスである。

多くの日本企業は20世紀のマーケティングに留まっている。

 

●日本企業は遅れている

日本企業はマーケティング2.0を信奉している。

マーケティング2.0とはセグメンテーション、ポジショニング、4Pの提供、ブランド構築に主眼を置いたマーケティング戦略である。

アブラハム・マズローの「欲求5段階説」に基づくと、モノが豊かで成熟した市場においては尊厳欲求や自己実現欲求を人々は抱いており、それに合わせてマーケティングの在り方も変遷しなければならない。

マーケティング3.0では企業は社会の問題に対するソリューションを提供しようとしており、生活者に精神的価値や社会的価値を提供する。

マーケティング4.0では企業は消費者の自己実現の欲求を満たす製品やサービスを提供する。

日本企業は顧客一人ひとりの可能性を引き出し、消費者の願いを叶える製品やサービスを供給すべきである。

 

イノベーションとリノベーションの違い

21世紀のマーケティングにおける「顧客」とは、対外的には全てのステークホルダーを、社内的にはその業務にとっての価値提供先を指す。

21世紀のマーケティングにおける「顧客の問題」とは、顧客が認識しているか否かに分かれる。

顧客の認識していない問題を解決することが破壊的なイノベーションをもたらす。

顧客の認識している問題を解決するプロセス(20世紀のマーケティング)の結果がリノベーションである。

日本企業の得意とする「カイゼン」はリノベーションに相当する。

顧客の認識していない問題を解決するプロセス(21世紀のマーケティング)の結果がイノベーションである。

 

イノベーションを起こすには

「当たり前のなぜ」について深く考えることによりイノベーションは生まれる。

そのためには社員教育が重要である。

フィリップコトラー教授は、日本が21世紀のマーケティングの視点でイノベーションを創出することを期待している。

 

●筆者の見解

筆者も日々生活していて、欲しいと思う製品が存在しないことに気付くことが多々ある。

それは物質的には自らの欲求がすでに満たされていることに起因するのだろうと思う。

筆者がミニマリスト的な生き方を選んでいるのもあるが、そういった生き方の形が誕生した背景にも世の中が供給過多になり市場が成熟しきってしまったことが背景にあるのだろうと思う。

筆者のように物質的には満ち足りているが、内面的な欲求が満たされていない人々は多いのではないだろうか。

だからこそ企業はそういった人々の自己実現欲求に着目してマーケティングを展開すべき時代になったのだろう。

コトラー教授や高岡浩三氏が説かれているように、顧客の認識していない問題を解決するような破壊的なイノベーションが我が国で創出されることを願ってやまないし、筆者自身そういったイノベーションに何らかの形で関わることができたら幸せなことだと思う。

そんなことを考えさせてくれる良著でした。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

【VBA】オートシェイプ上にデジタル時計を表示するマクロを作成したかったのですが…どなたか教えてくださいm(__)m

どうも、ゴリラストロングです。

 

今回はVBAで、オートシェイプ上にデジタル時計を表示するマクロを作成してみました。

 

と、言いたいところなのですが、うまく作成できませんでした。

 

現在時刻をオートシェイプ上に表示することはできたのですが、その時刻をリアルタイムで動かすことができません。

 

●Application.OnTime

●For~Next

●Sleep

 

上記を用いて色々と試してはみたのですが、解決に至りませんでした。

この記事をご覧になっている方でどなたかお知恵をお借りすることはできませんでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

 

【VBA】オートシェイプ上にデジタル時計を表示するマクロ(未完成)

VBA】オートシェイプ上にデジタル時計を表示するマクロ(未完成)

 

ソースコード

Sub clock()

With ActiveSheet.Range("B2:E11")
    ActiveSheet.Shapes.AddShape(Type:=msoShapeRoundedRectangle, _
    Left:=.Left, Top:=.Top, Width:=.Width, Height:=.Height).Select
End With

Selection.Text = Format(Now(), "h:mm:ss")

With ActiveSheet.Shapes(1)
    .Fill.ForeColor.RGB = RGB(204, 204, 255)
    .Line.ForeColor.RGB = RGB(128, 0, 128)
    .Line.Weight = 10
    .TextFrame.Characters.Font.ColorIndex = 5
    .TextFrame.Characters.Font.Bold = True
    .TextFrame.Characters.Font.Size = 45
    .TextFrame.VerticalAlignment = xlVAlignCenter
    .TextFrame.HorizontalAlignment = xlVAlignCenter
End With

End Sub

 

解決策をご教示いただける方のご連絡をお待ちしております。

以上、ゴリラストロングでした。