ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【業界研究】1000円カット業界について調べてみました。

はさみ, スタイリスト, 美容院, 理髪, 床屋, 美容, 理容室, はさみ

 

どうも、ゴリラストロングです。

 

先日髪を切ってきました。

サンキューカットというお店で1200円で切ってもらいました。

筆者はいつも15ミリの丸坊主にしていますが、これで1200円は高いと感じました。

バリカンで刈るだけなら正直900円くらいが妥当な金額と思いました。

 

そもそもひと昔前の価格は1000円だったはずです。

いわゆる1000円カットですよね。

それがいつの間にか値上げになっているんですね。

 

今回は1000円カット業界の値上げに関して憤りを覚えたので少し調べてみたいと思います。

また調べるにあたり仮説がないと面白くないので、以下仮説を立てたいと思います。

 

【仮説】

『値上げが続くとビジネスとして成立しなくなるのではないか。』

 

というわけで1000円カット業界について調査開始です。

 

目次

 

市場について

QBハウスとサンキューカットが規模が大きい運営母体である。

理美容業界の市場規模は概ね2兆円で最近は減少傾向にある。

QBハウスの年間売上高は200億円程度、サンキューカットは80億円程度である。

筆者が思っていたより市場規模は大きく、1000円カット勢のマーケットシェアは1割程度であることからまだまだ伸びしろはあると考えられる。

業態が始まったのは1990年代後半である。

QBハウスのホームページを見ると、97年に6万人弱だった来客者数は19年には1800万人

を超えている。

店舗数も4店舗から567店舗へと増加している。

傾向としては理美容業界全体は縮小傾向にあるが、1000円カット業界は拡大傾向にあると言えそうだ。

 

価格、戦略について

QBハウスが値上げを行ったのは2019年2月1日である。

1080円から1200円へと値上げをした。

人手不足により美容師・理容師の人材確保が難しく、スタッフの待遇改善へ取り組む為というのが理由である。

値上げによって集客が落ち込むことが予想されていたが、実際は2%のダウンだったそうだ。

筆者の感覚でもたかが120円値上げしたからといって髪を切るペースを落とすとかもっと安い他店に鞍替えするといった行動はとらないであろうと考える。

QBハウスの売上原価率は78%前後である。

これは筆者が思っていたよりも高い数値である。

1200円×0.78=936円であるから粗利は1200円-936円=264円である。

確かにこの原価率では1200円への値上げは妥当と言えそうだ。

広告戦略についてはQBハウスのキャッチコピーは「10分の身だしなみ」である。

ちなみにサンキューカットのキャッチコピーは「カットに愛 3QCUT」である。

個人的にはQBハウスのキャッチコピーのほうが洗練されている印象を受ける。

この訴求メッセージから読み取れるように、QBハウスがメインターゲットとしているお客さんは価格よりも「10分という短時間できちんとした身だしなみを整える」ことを重要視しているように感じる。

実際筆者もここまで調べてみて従来はサンキューカットに行っていたが、QBハウスのほうがよさげな印象を受けている。

近所のショッピングモールにもあるし、是非次回はQBハウスに行こうと思う。

次に簡単にQBハウス差別化戦略を調べてみた。

徹底した無駄の省略による時短、ショッピングセンターのトイレの脇をメインにした出店場所の工夫、10分1200円の価格設定による期待値のコントロールによりガッカリ感を無くす、等の経営戦略がとられているようだ。
来店するお客さんは10分の散髪で自分の理想とする髪形になるとは思っておらず、髪が伸びたからスッキリさせたいと思って来店している顧客が多いことからこういった差別化戦略が成立するのだろう。
非常に合理的で洗練された経営戦略であると感じる。

 

労働力について

アルバイト、パートで時給1200円、正社員で月給27万円という求人を見つけることができた。

筆者の感覚で言うとかなり好待遇であると思う。

公式の求人ページを見た印象もかなり洗練された印象を受ける。

キャッチコピーは「QBで輝こう、自分らしく。」である。

採用率はわずか18%だそうだ。

なかなか狭き門である。

一般的に美容師業界は労働環境が劣悪であると言われている。

QBハウスはそこに目をつけ、社会保険を完備し、残業代は1分から支給、サービス残業は一切なしという素晴らしい環境を整備している。

筆者の個人的な見解で大変申し訳ないが、安い美容院や床屋に行くとヤバい人に髪を切られるのではないかという恐怖感があるが、QBハウスに限ってはそんなことは無さそうだ。

社内カットスクールを設けるなど社内教育もしっかりとしている印象を受ける。

「安かろう悪かろう」では決してないことが良質な労働力の確保の観点からも読み取れる。

 

仮説の検証

『値上げが続くとビジネスとして成立しなくなるのではないか。』

この仮説は成り立たないことが分かりました。

QBハウスに限って言えば顧客が求めるのは「時短」と「身だしなみ」であり必ずしも低価格を求めているわけではないからです。

筆者の個人的な意見としては今後1500円程度までなら値上げしても顧客離れは起きないのではないかという印象を受けました。

是非QBハウスさんには「10分の身だしなみ」路線を貫いていって事業拡大を期待したいです。

 

まとめ

1000円カット業界全体の考察をしたかったのですが、出てくる情報がほとんどQBハウスさんの情報だったので結果的にほぼQBハウスさんについての調査となりました。

今回調査してみて印象深かったのは、「期待値を敢えて下げて顧客のガッカリ感を無くす」戦略というものが存在しているということです。

通常の商品、サービスであれば顧客の期待値を煽るくらい高めて集客をするものと思っていました。

しかし、ターゲットとしている顧客が望んでいるコアの部分(1000円カットでいうところの単純に髪が伸びたからスッキリさせたいという欲求)にフォーカスすることで、強みである「時短」をより際立たせることに成功しているのが大変興味深かったです。

恐らく筆者はQBハウスさんが狙っている顧客ターゲットにドはまりしていると思うので、次回の散髪はQBハウスさんを利用してみたいと思います。

 

ご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

HSPの処世術~ビンカンな人の人生ヌルゲー戦略

女性, バーンアウト, マルチタスク, 顔, 輪郭, 空白, 潜在的な心

 

どうも、ゴリラストロングです。

 

最近Youtubeを眺めていると「HSP」という単語を目にしました。

調べてみるとHSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)のことだそうです。

HSPは「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味だそうです。

 

少し調べたところあまりポジティブな意味では使われない言葉である印象を受けました。

HSPの人は日常の様々な場面で苦労するという文脈が多い印象を受けました。

かくいう筆者もどうやらHSPの気質を持っている可能性が高いです。

 

確かに筆者も物心ついてから色々な場面で苦労することがありましたし、現在進行形で苦労していると言えるかもしれません。

一般的な意味での人生の成功とは程遠いところにいる自覚もあります。

しかしそれで不幸なのかと言ったら必ずしもそうとは思いません。

 

少し乱暴な言い方をしますが、一般的に考えられている人生の成功の定義とは、つまるところ「モテ」と「カネ」ですよね。

もっとチヤホヤされたい、もっとお金を稼ぎたいという欲求は誰にでもあるのではないでしょうか。

なので今回は「モテ」と「カネ」をテーマにHSPの人の人生戦略を考察してみたいと思います。

 

目次 

  

HSPとは

 ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person's Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる。

出典:ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

簡単にまとめると先天的に五感が鋭い人のことをHSPと呼ぶみたいですね。

筆者が想像していたよりも多くの人がHSPに該当するようで驚きました。

意識して観察してみれば身の回りにもHSPの人がいそうですね。

 

以下の特徴があるようです。

①深く情報を処理する

②過剰な刺激を受けやすい

③共感しやすい

④心の境界線が薄い・もろい

⑤疲れやすい

⑥自己否定が強い

出典:HPS(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン | 仙台の心療内科・精神科・美容内科マドレクリニック

五感が鋭いがために情報過多になり疲れやすいというのが大きな特徴と言えそうです。

筆者の場合で言うと、部屋が散らかっていると集中できない、刺激が多すぎてテレビを見るのが苦痛である、雑音がやたら気になるなどが該当するかと思います。

 

HSPの診断テストもありますので、ご興味のある方は受けてみてはいかがでしょうか。

https://hsptest.jp/

 

 筆者も受けてみました。

 

--- 診断結果 ---

スコア:93
(-52~140)

HSP度:【中】

HSPであると思われます。一般的な人々よりも非常に繊細な心を持っています。傷つきやすいかもしれませんが敏感であることは過ちではありません。それどころかあなたの人格を豊かにしてくれます。無理せず自分らしくいることで喜びを感じることができるでしょう。

 

HSP関連で話題の本>

 

 

HSPの有名人

 

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん

 

ご自身がHSPであることをSNSで公表しているそうです。

この事実を知ったとき、筆者は意外だと思ってしまいました。

バラエティ番組で見せる彼の奔放な言動や立ち回りの器用さからは想像がしがたかったからです。

最近では相方さんの不祥事の火消しが素晴らしいと評判になっていましたが、彼がHSPであることを考慮に入れると、考えに考え抜かれた戦略の賜物だったのかもしれないと思いました。

細やかな気づかいや感性の豊かさを持っているからこそ「モテ」と「カネ」を手に入れることができているのであろうと推察します。

彼のような生き方にHSPの人の適切な人生戦略のヒントが隠されていそうですね。

 

 

 

HSPがモテるには

 

気遣いができることを前面に打ち出していくべきでしょう。

 

・深く情報を処理する

場や人の空気を深く読み取る能力に長けているので、相手が何を求めているのか瞬時に察知することができる。

 

・過剰な刺激を受けやすい

相手の感情や周りの雰囲気に対しても敏感に反応できる。

 

・共感しやすい

自分の周りの人の感情を読み取る能力に長けている。

 

HSPのこういった特徴から、適切な気配りができればモテることうけあいでしょう。

 

 

HSPが稼ぐには

 

会社組織で働くことが苦痛なHSPは多くいるようです。

そうなるとフリーランスで働くのがよさそうですね。

 

・WEBライター
WEBデザイナー
・WEBマーケター
・ブロガー
・データ入力

 

こういったお仕事ならクラウドソーシングにもたくさんありそうですね。

それか専門的な知識を勉強して資格をとるなどして専門職と呼ばれる職種に就くのなら会社員としても就業できるのかもしれません。

 

 

まとめ

HSPの人は良くも悪くも繊細な人が多いことが分かりました。

その特質を短所としてとらえるのではなく、長所として伸ばしていけたら人生うまくいきそうですね。

筆者もこの記事を執筆していて自分もHSP気質であることが分かったので、HSPの長所に目を向けて前向きに生きていきたいと思います。

これはHSPとは直接関係ないかもしれませんが、筆者は先日「ストレングスファインダー」という心理テストを受けました。

このテストは自分の強みや特性を理解するのに大変役立ちます。

HSPと一口に言ってもそれはあくまで個々人の考え方や感じ方の傾向をひとくくりにした言葉であるため、もっと深く自分を知りたいとお考えの方は是非「ストレングスファインダー」を受験してみてください。

きっと自分に対して新たな発見があるはずです。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。

【書評】『勝間式「利益の方程式」商売は粉もの屋に学べ!』

どうも、ゴリラストロングです。

 

本日はブックレビューというか書評というか、本を読んで思ったことや本の要約をしてみたいと思います。

 

今回読ませていただいた本はこちら。

 


勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─

 

筆者が尊敬する勝間和代先生の本です。

先生の名誉を傷つけないように書かせていただきたいと思います。

 

<総論>

■著者の主張

儲けは顧客の感謝の表れであり、健全な儲けは社会の余剰を増やし、結果として顧客の利益にもなる。

 

■筆者の意見

価格に限って言えば、殿様商売は悪ではないと思います。

むしろ無計画な値下げこそ悪であると考えました。

無計画な値下げは値下げ競争を生み業界全体の収益構造を悪化させます。

ひいてはデフレを引き起こし賃金の上昇にブレーキをかけてしまいます。

価格に対して高水準を維持するように努める経営手法のほうが社会全体の余剰を大きくするでしょう。

殿様商売と揶揄されるような価格に対する経営方針の方がいたずらに低価格での競争を仕掛ける企業よりはむしろ産業全体や社会にとって有益であると思います。 

著者の言うように、売上ではなく利益で目標を設定すべきであると思いました。

小さいパイを食い合うのではなく、業界全体で利益を最大化して共倒れを防ぐべきであると思います。

また、労働生産性を高めることでワークライフバランスを高めることができるという主張にも納得できました。

 

<要約>

■売上ではなく利益で経営管理をすべきである。

少子化で市場が縮小している最中、かつてのように売上至上主義では儲けは出せない。

また、我が国が抱える労働生産性の低さやワークライフバランスの問題の改善にも利益による経営管理は有効である。

 

■利益は勝間式「万能利益の方程式」でアバウトに計算せよ。

 

利益=(顧客当たり単価-顧客当たり獲得コスト-顧客当たり原価)×顧客数

 

・利益の源泉である顧客単価を上げること。

・クチコミ等により顧客獲得コストを下げること。

・コストをかけるべきところ、そうでないところを把握し、適正な顧客原価の水準を
 維持すること。

スケールメリットボリュームディスカウントが効くように顧客数を拡大し、
 良循環を生み出すこと。

 

■顧客単価を上げるには。

・商品の見せ方を変える。

・双曲割引の概念を利用し、支払いを先送りさせる。

 

■顧客獲得コストを下げるには。

・広告の出し方を最適化する。

・ブランド力を高め、ロイヤル顧客とクチコミを醸成する。

・「この商品、サービスを友人や知り合いに勧めますか?」の問いに対するイエス
 高める。

 

■顧客原価を下げるには。

・KBF(Key Buying Factor:鍵となる購買要件)を把握し、KBFになっているところ
 にはコストをかけ、なっていないところにはコストをかけない。

・なるべく人を少なくする。

・過剰な設備投資を避ける。

 

■顧客数を伸ばすには。

オピニオンリーダーとアーリーマジョリティの間に存在する「キャズム(溝)」
 を超えること。

・既存顧客の声を聞きすぎて、マニアックな商品、サービスにならないようにする
 こと。

 

<編集後記>

マーケティングの基礎知識に加えて著者独自の理論が展開されており、読んでいて大変読み応えのある内容でした。

また適宜統計データが用いられており、何かを説明するときにこういった統計データを使うというのは大事なんだと気づきました。

世代別人口や所得分布といった基本的なデータは空で言えるくらいになっておいて損はないと思いました。

この本が発売されたのが2008年でそれから12年もの月日が流れていますが、その間に日本の産業構造というか需要と供給のバランスはますます供給過多になっており、どんな業界でも価格競争が熾烈を極めています。

インターネットの普及による情報の非対称性の解消が大きな要因でしょうが、本当にあらゆるモノが安く買える時代になりました。

これはこれで消費者にとっては大変ありがたいことなのですが、企業の収益は大丈夫なのだろうかと不安になってもきます。

この本を読んで、自分が個人的に好きな商品だったりサービスを供給してくれている会社にはケチることなくお金を落としていきたいなと思いました。

 

以上、ゴリラストロングでした。

 


勝間式「利益の方程式」 ─商売は粉もの屋に学べ!─

【緊急提言】選挙制度は改革すべきである。改革案を提示します。

どうも、ゴリラストロングです。

 

間もなく東京都知事選挙が実施されますね。

筆者は東京在住ではないので直接関係はありませんが、首都東京のリーダーを決める選挙ですから興味はあります。

コロナが始まって最初の大型選挙だけに皆さんの注目度も高いのではないでしょうか。

 

選挙について考える時間が多くなってきて唐突に現行の選挙制度は問題があるなと思い始めました。

ご存じの通り日本は少子高齢化が進み、相対的に高齢者の人口の割合が大きくなっています。

それにより選挙においても高齢者の意見が通りやすくなっていることが問題視されています。

 

そんな現状を鑑み、筆者なりに選挙制度の改革案を作成してみました。

概要は以下の画像の通りです。

 

ポイントはずばり、選挙権のポイント化と選挙権マーケットの創設です。

 

ゴリラストロングの政策提言『選挙制度改革案』

ゴリラストロングの政策提言『選挙制度改革案』

 

選挙権は現行制度上1人1票ですが、これをポイント制にします。

例えば一人当たり100ポイントの選挙権を配分します。

このポイントを1ポイント単位で候補者に投票できるようにします。

意思決定コストが下がり投票率の向上が見込めます。

 

加えて選挙権を売買できるマーケットを創設します。

このマーケットは国が管理するものとします。

無投票などで選挙権を放棄するのを防ぐ狙いがあります。

投票権が換金できるのであれば、投票率は実質100%になるでしょう。

 

また、このポイントは年齢に反比例するように配分されるようにします。

例えば次のような式にすれば単純だと思います。

   100-現在の年齢=投票権のポイント高

こうすれば若い世代ほど多くの投票ポイントを手にすることになります。

 

問題点としては、まず第一に金権政治につながることが懸念されます。

これを防ぐために、投票ポイントを売買できる人は立候補者以外とすることにします。

しかしこれだけでは法人や個人を通じて間接的に立候補者が票を購入することができてしまうので意味はないかもしれません。

なんらかの形で金権政治にならないようにする方法を考えなくてはなりませんが、現時点では方法が思いつきません。

 

また、問題点としては特に高齢者世代にとって不公平感が強いということです。

この点については年金や医療保険などの社会保障制度で現在の高齢者が受けているベネフィットを強調し、納得してもらうしか道はないと思います。

なぜなら、若者世代が高齢者世代になったときに今の高齢者世代が享受している手厚い社会保障を受けられる保証はないからです。

その代わりに若者は高齢者世代に比べてより多い投票ポイントを得ることができるようになるのですからある意味平等が実現するのではないかと考えています。

 

加えて民意が正確に反映されないリスクもあるのではないかと思っています。

金権政治の問題と重複しますが、金持ちに有利な選挙制度となる可能性が高いのは否定できません。

 

しかしながら問題点ばかりではありません。

恐らく投票率は実質100%になるでしょう。

そのためには選挙権を売買するマーケットが効率的に機能する必要があります。

また、若者の意見が通りやすくなることも十分期待できます。

加えて新たなビジネスチャンスが創出され、そこで発生した儲けに対して税を課すなどして新たな財源とすることも考えられます。

選挙権の価格がどの程度になるかは全く予想できませんが、もしある程度の価格まで上昇すれば貧困対策にもなるかもしれません。

 

このシステムの課題は、IT化が必須なこと、高齢者世代の反発が必至なこと、恐喝や詐欺などの犯罪の増加が懸念されることなどがあります。

IT化に関してはマイナンバーとアプリ等を活用すれば実現できるのではないでしょうか。

高齢者世代の反発に関しては、現在の高齢者世代が高水準の社会保障を受けていることを引き合いに出して納得してもらう他はないでしょう。

犯罪の増加は法整備で対応するしかないでしょう。

 

いかがでしょうか。

筆者は特に偏った政治思想を持っているわけではありませんので、単純に投票率を上げること、現役世代の意見の重用を重視して政策を考えてみました。

政治に関しても全くのド素人ですので、素人の妄言程度に受け取っていただけると有難いです。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。

以上、ゴリラストロングでした。

【結果発表】ストレングスファインダーを受験しました。

どうも、ゴリラストロングです。

 

先日記事にさせていただいた「ストレングスファインダー」ですが、早速受験しました。

 

gorilla-strong.hatenablog.com

  

指定のウェブサイトにアクセス後、本に付属している引換コードを入力して会員登録を済ませたらおもむろに試験が始まりました。

時間的には30分くらいで完了しました。

思っていたよりサラッと終わりました。

 

筆者の強みのある資質は以下の通りでした。

 

  1. 慎重さ
  2. 親密性
  3. 内省
  4. 分析思考
  5. 規律性

 

 

パッと見た感じで「確かに」という感じを受けました。

他者から改めて明文化されると自分の個性というものをよりハッキリと自覚できるような気がします。

 

各資質に対する具体的なレポートを出してもくれるので、それらと書籍に記載のある各資質に対する説明を読んでみて自分なりに自己の資質についてまとめてみました。

 

  • 私は用心深い性格です。
  • 親しい友人との交際を望んでいます。
  • 書くことが好きです。
  • 考え方の傾向は現実的です。
  • 日課をこなすことが好きです。

 

簡潔にまとめるとこのような感じです。

 

ここから考え出した仮説です。

 

『小さな組織でマーケティング担当のアドバイザーとしてルーチン的なレポート業務に就けばストレスなく働けるのではないか。』

 

しかしこの仮説と現状には大きなギャップがあります。

 

  • こういった業務の経験がない。
  • 資格を持っていない。
  • そもそもこういった仕事が一般的でない。

 

こういった専門的な職業に就くにはやはりそれなりの資格が要るのだと思います。

企業経営アドバイザーや中小企業診断士MBAなどがそれにあたると思います。

しかしながら簿記三級も持っていない自分にとれる資格だとは到底思えません。

仮に資格をとれたとしても業務経験がないですし、一般的な求人が出るようなお仕事だとも思えません。

 

ですのでもっと現実に即した形にスケールダウンしなければなりません。

簡単な仕事だとは思っていませんが、クラウドソーシングサービスなどを利用してWEBライターなどをやってみることも考えてみようと思います。

また、株式投資をすることなどを通じて企業経営やマーケティング分野の勉強をしてみるのもいいのかもしれません。

 

以上のように、ストレングスファインダーを受験したことで様々な考察をすることができました。

個人的には持っている資質に応じて、個別具体的な職種まで推奨してくれるとありがたかったのですが、そのあたりは自分で考えなさいということなのでしょうね。

 

1980円で的確な自己分析ができるので、就職活動中の方や人生に迷われている方は是非一度本を買ってストレングスファインダーを受験してみてはいかがでしょうか。

 


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  

以上、ゴリラストロングでした。