ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【断捨離】買うは易し、売るは難し。モノの出口を考えよう。増え続ける不用品にウンザリしている方へ。




 

どうも、ゴリラストロングです。

 

皆さんは買い物は好きですか。

筆者も大好きでネットやアウトレットなどでよく衝動買いをしてしまいます。

しかし、買い物ばかりをして古いモノを処分しないでいると、あっという間に生活空間を圧迫してしまいますよね。

買い物をするのはたやすいのですが、不用品の処分は結構労力がいるものです。

そんな思いにかまけて不用品の処分を先送りにし、とりあえず家の中で保管していました。

部屋はみるみるうちに不用品であふれていきました。

 

そんなときに、一冊の本に出合いました。 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 この本を読んで、モノが少ない暮らしに憧れを抱きました。

そして、いろいろな方法で不用品を処分していきました。

 

①フリマアプリで売る

洋服やスニーカー、オーディオ、工具セットなどが売れました。

そこそこの金額は回収できましたが、結構労力がいりました。

  • 出品してもなかなか売れず、見せ方や価格を考えるなどの心理的負担。
  • 売れた場合の梱包にかかる手間。モノによっては数時間かけて梱包したことも。
  • 発送にかかる手間。手続きはアプリ側で簡略化されているけど運ぶのが面倒。

初めのうちは楽しくていいのですが、だんだん発送しなければいけない商品がたまってきたりすると、普通の労働のような責任感も伴いますし、だんだんとストレスになっていきました。

単価が高く、かつ梱包も楽な商品ならば出品したほうがいいかもしれませんが、今振り返ってみて思うのが、自分が販売した商品は作業時間のわりに合わない商品が多かったです。

また、売れない期間中は商品を保管しなければならないのも結構なストレスでした。

 

②中古買取店で売る

フリマアプリで売れなかったモノは中古買取店に持ち込みました。

フリマアプリに比べるとあまり金銭的にはメリットはありませんでした。

また、持ち込むために自分で車に積み込んで、店に着いたら自分で荷下ろしをするのも大変でした。

せっかく持ってきたのに買い取ってもらえない商品などもあって、ひどく落胆したのを覚えています。

また、査定の時間なども非生産的な時間を過ごすことになるため、大変苦痛でした。

 

③捨てる

中古買取店でも処分できなかったモノは結局シンプルに捨てることになりました。

ただ捨てるといっても通常のごみ収集に出せるものばかりではなかったので、ゴミ処理場に自分で車を運転し、持ち込んで処分しました。

車への荷物の搬入、ゴミ処理場までの運転、処分費用の負担など結構しんどかったです。

 

このような労力を割いたものの、身の回りから不用品が消えてなくなることは大変すがすがしく、頑張って処分したかいがありました。

この経験があったからこそ、無駄な買い物は控えるようになりましたし、処分が大変な商品は買わないようになりました。

買ってくるのは簡単ですが、処分するのは本当に大変です。

 

もし、かつての自分のように部屋の中に不用品があふれていて、処分するのに大変な労力がかかることが見込まれる場合には、業者さんにお願いするのが得策かもしれません。

 

おすすめは、ネット宅配買取サイト「BUY王」です。
業界トップクラスの取り扱い商品数で、手間をかけずにネット宅配買取ができて簡単に現金化できます。

梱包用の段ボールも準備してくれ、あらゆるジャンルに対応していることから、大規模な断捨離にピッタリですね。

段ボールをホームセンターなどで買うと結構な金額になりますから、準備してくれるのはありがたいですよね。

ダンボールに積めて送るだけなので、時間のない方でもカンタンだと思います。

 

最後になりますが、モノは捨てない限り無限に増えていきます。

所有はコストです。

不用品に囲まれて、本来あるべき生活スペースを圧迫されていませんか。

自分でコツコツ処分するのもいいですが、大変なら業者さんにお任せしましょう。

きっとあなたの生活を美しくしてくれますよ。

 

以上、ゴリラストロングでした。