ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【Excel VBA】休暇日一覧から休暇取得率を求めるマクロ。




どうも、ゴリラストロングです。

本日もエクセルマクロの記事を書きたいと思います。

今回は休暇日一覧から休暇取得率を求めるマクロを作成してみました。

 

 

 

転記先データ

f:id:gorilla-strong:20200222071003p:plain

 

 

 

転記元データ

f:id:gorilla-strong:20200222071121p:plain

 

 

 スポンサーリンク

 

マクロ実行後

f:id:gorilla-strong:20200222071244p:plain

 

 

 

ソースコード

Sub 休暇取得率()

Dim KSR, KBI As Object
    Set KSR = Workbooks("ゴリラストロングの雑記帳.xlsm").Worksheets("休暇取得率")
    Set KBI = Workbooks("ゴリラストロングの雑記帳.xlsm").Worksheets("休暇日一覧")

Dim lastrowKBI As Long
    lastrowKBI = KBI.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

Dim lastrowKSR As Long
    lastrowKSR = KSR.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row

    For k = 3 To lastrowKSR

Dim j As Long
    j = 3

        For i = 3 To lastrowKBI

            If KSR.Range("A" & k) = KBI.Range("A" & i) Then
                KSR.Cells(k, j) = KBI.Range("C" & i)

    j = j + 1

            End If

        Next

    Next

End Sub

 

 

 

筆者がVBAの勉強をするにあたり、最初に読んだ本が以下です。 

入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)

入門者のExcel VBA―初めての人にベストな学び方 (ブルーバックス)

 

 本当の初学者向けの内容になっており、本の内容通りに進めば誰でもマクロを作成することができます。

筆者はこの本に出会えていなかったらマクロを始めることはなかったでしょう。

良著ですので、マクロに興味がある方は是非一度読んでみてはいかがでしょうか。

 

以上、ゴリラストロングでした。

 

 スポンサーリンク