ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【Excel VBA】データを比較するマクロ。初心者の学習向け。




どうも、ゴリラストロングです。

 

 

 

今回もエクセルマクロの記事を書きたいと思います。

今回はデータを比較するマクロを作成しました。

シンプルなコードなので、初心者向けの内容となっております。

 

 

 

以下が元データです。

f:id:gorilla-strong:20200223071748p:plain

A列のデータがB列に含まれていたら〇、そうでなかったら×をつけます。

 

 

 

 

以下が実行後です。

f:id:gorilla-strong:20200223071850p:plain

f:id:gorilla-strong:20200223071901p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

以下がソースコードです。

 

Sub 正誤判定()

    Dim seigo As Object
        Set seigo = Workbooks("ゴリラストロングの雑記帳.xlsm").Worksheets("正誤判定")

    Dim lastrow As Long
        lastrow = seigo.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row



    seigo.Range("C3:C" & lastrow).ClearContents


    For i = 3 To lastrow

        For j = 3 To lastrow


    If seigo.Range("A" & i) = seigo.Range("B" & j) Then
        seigo.Range("C" & i) = "〇"
    
        Exit For

        Else: seigo.Range("C" & i) = "×"
    End If



        Next


    Next


    Dim maru As Long
        maru = WorksheetFunction.CountIf(Range("C3:C" & lastrow), "〇")

    Dim batu As Long
        batu = WorksheetFunction.CountIf(Range("C3:C" & lastrow), "×")

    MsgBox "〇の数は" & maru & "です" & vbCrLf & "×の数は" & batu & "です"

End Sub

 

 

 

シンプルなコードなので、初心者の方でも読めると思います。

簡単なので是非作ってみてください。

 

 

 

以上、ゴリラストロングでした。

 

 スポンサーリンク