ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




新型肺炎に効く【禅】の言葉。八大人覚を心得よ。




f:id:gorilla-strong:20200226154056p:plain

どうも、ゴリラストロングです。

 

新型肺炎の流行による社会不安が拡大しています。

筆者も政府による行動指針の発表を受けて、危機感を募らせている一人です。

新型肺炎が流行しだしてからというもの、漠然とした不安感が心に棲みついています。

 

そういった漠然とした不安感に効くのが、禅の言葉であると筆者は思います。

その中でも、八大人覚と呼ばれる禅の言葉が筆者は好きです。

不安感に苛まれたとき、常に心の中で呪文のように唱えている言葉です。

その言葉を意識すると不思議なことに不安感は薄れていきます。

本日はそんな禅の言葉、八大人覚を紹介したいと思います。

新型肺炎の流行で混乱する社会に対する特効薬だと筆者は思っています。

 

八大人覚

①少欲

欲を持ちすぎないことを意味します。

自分だけは新型肺炎にかかりたくない、マスクを転売して利益を得たい、政府に対してもっと迅速かつ効果的な対策を練って欲しい。

そう思う気持ちは自然なものですが、あまり欲張りになってはいけません。

新型コロナウイルスは誰にとっても未知なものなのですから、誰にだって感染の可能性はあります。

どのように対応すればよいのか、その完璧な正解は誰も持ち合わせていません。

必要最低限の自己管理を徹底すればよいのです。

過剰に反応する必要はありません。

少欲の気持ちが少しでもあれば、求めるものも少なくできるのではないでしょうか。

 

②知足

足るを知るということを指します。

物事にはちょうど良いとかほどほどといった概念がありますがそれにあたります。

ほどほどに恐れましょう。

ちょうどいいくらいの対応を心がけましょう。

極端な行動はしないようにしましょう。

いじめや差別などは極端な反応の代表例です。

自己管理をほどほどにして、政府の対応にほどほどに期待をしましょう。

これだけのウイルスが蔓延し始めるなか、社会システムが崩壊しない現代社会の在り方に感謝しましょう。

足るを知って過剰に批判的にならないようにしましょう。

政治家の皆さんや、お医者さん、公務員の皆さんに感謝しましょう。

 

③楽寂静

静けさを楽しみましょうという意味だと筆者は解釈しています。

世の中は今、新型肺炎による情報過多でまるで底なし沼のようです。

色々な意見が世の中にあふれています。

専門家でも意見が分かれるほどです。

みんな完璧な正解を求めて意見を出しすぎています。

そういった騒がしい状況の中において心を落ち着けるのは難しいと思いますが、ある種の諦めの念をもって、割り切ることで心に静けさが戻ってくるように思います。

罹患したらしたでなんとかなるさ、そんな心の持ちようで過ごしたいものです。

 

④勤精進

精進に勤めるという意味です。

こういった混乱した状況において、仕事に精を出している方々には頭が下がります。

そういった方々がいてくださるおかげで、私はおいしいご飯も食べれるし、こうやってブログを書いたりできるわけです。

各人がそれぞれの持ち場で与えられた仕事に精を出す。

状況は日々変わっていきますが、テレワークや時差出勤を活用してできるだけ感染リスクを減らしてお仕事に勤めましょう。

そういった対応ができない方々もいると思いますが、どうかご自愛ください。

 

⑤不妄念

無駄な妄想や念慮を持たないことだと筆者は理解しています。

新型肺炎によって、憶測やデマが広まっています。

しかしながら、私たちがすべきことは不確実な未来に対して妄念を抱くことではなく、地に足をつけて日々の営みを着実に進めていくことではないでしょうか。

未来のことは誰にも分かりません。

感染したらどうしよう、他人にうつしてしまったらどうしよう、死んでしまったらどうしよう。

そんなことは考えても答えは出ません。

我々がなすべきことは自己管理をすることだけです。

不妄念の気持ちで無駄に想像力を働かせるのはやめましょう。

 

⑥修禅定

禅的なものの考え方、定理を大事にしましょうという意味であると理解しています。

宇宙的な規模で物事を考え、一歩引いて物事の善悪を判断するという意味にもとれます。

この教えは大変難しい概念ですが、要は冷静に物事の善悪の判断をしようということだと思います。

自分も含め、日本社会全体がコロナウイルス一色となっており、冷静さを欠いている現状を鑑みると、宇宙的な観点から一歩引いて物事を俯瞰することが重要なのではないかと思います。

熱くならずにクールに考え、行動したいものです。

 

⑦修智恵

正しい知恵を得ることが大事という意味で筆者は理解しています。

何が正解で何が不正解なのか、分からない状況が続いていますが、自分を愛するように他者を愛する博愛の精神が正しい知恵であることは疑いありません。

思いやりをもって行動しましょう。

自分本位の考えで他者を貶めたり、利己的な行動で周囲に迷惑をかけるのはやめましょう。

誰にでも自分が最も大切な人に接するときのようにやさしく接しましょう。

正しい「知識」よりも正しい「知恵」のほうが筆者は大事だと考えます。

利他の精神でこの国難を乗り切りましょう。

 

⑧不戯論

汚い言葉や戯言で戯論を展開しないようにしましょうという意味だと理解しています。

最近は人を煽ったり、挑発したりする言葉が世の中にあふれていますが、ことこういった新型肺炎による社会不安が拡大する現状においては、そういった不必要な議論はさけるべきでしょう。

今私たちがすべきことは、国民一人一人が社会を構成する大切なチームメンバーであることを理解し、思いやりや優しさに満ち溢れた言葉を使って他者をいたわることではないでしょうか。

政治家の皆さんを罵ったり、医者の対応を批判したり、公務員の皆さんの働きぶりに文句を言ったり。

そうではなくて、建設的な提言をするとか、感謝の念を伝えるとか、そういった温かいコミュニケーションこそが現在の混乱した社会に求められていると思います。

責任をもって対応している他人の上げ足を取って外野から批判することは誰にでもできます。

そうではなくて対応してくれている方々の力になるような知恵や提言こそが求められていると思います。

 

いかがだったでしょうか。

【禅】の言葉である八大人覚を筆者の見解を交えてご紹介させていただきました。

一つでも読者の皆様に届きましたら幸いです。

 

以上、ゴリラストロングでした。