ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【Excel VBA】IFステートメントの使い方のサンプルマクロ。




どうも、ゴリラストロングです。

 

今回は、Ifステートメントの使い方のサンプルマクロを作成しました。

 

<元データ>

f:id:gorilla-strong:20200302065425p:plain

<マクロ実行後>

f:id:gorilla-strong:20200302065520p:plain

 

 

スポンサーリンク

 

 

ソースコード

Sub イフ()


Dim macro As Object
Set macro = Workbooks("ゴリラストロングの雑記帳3.xlsm").Worksheets("イフ")

Dim lastrow As Long
lastrow = macro.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row


For i = 3 To lastrow

If macro.Range("B" & i) >= 80 Then
    macro.Range("C" & i) = "◎"
ElseIf macro.Range("B" & i) >= 60 Then
    macro.Range("C" & i) = "〇"
ElseIf macro.Range("B" & i) >= 40 Then
    macro.Range("C" & i) = "△"
Else: macro.Range("C" & i) = "×"

End If


If macro.Range("C" & i) = "△" Then
    macro.Range("D" & i) = "決勝進出"
ElseIf macro.Range("C" & i) = "〇" Then
    macro.Range("D" & i) = "決勝進出"
ElseIf macro.Range("C" & i) = "◎" Then
    macro.Range("D" & i) = "決勝進出"
Else: macro.Range("D" & i) = "予選敗退"

End If

Next



End Sub

IFステートメントを使えばこういった判定系の処理は素早く行うことができますね。

 

以上、ゴリラストロングでした。

 

 

スポンサーリンク