ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




猫が知覚過敏症になりました。




どうも、ゴリラストロングです。


我が家の飼い猫が知覚過敏を発症しました。

今は痛み止めの投薬治療中です。

毎晩小さな錠剤を飲ませるだけなので、猫にもそれほど負担がある治療ではないのですが、早く治してあげたいものです。


症状としては、1日の中で10分弱、断続的に背中からお尻にかけての部位がピクピクと痙攣をしてしまい、そのことに猫自身が驚いてしまって部屋の中を駆け回ったりして一種の興奮状態に陥るというものです。 


こういった症状が発症している様を見ているのは結構心配になります。

猫自身も辛そうで、落ち着くまでこちらも気が気でありません。

しかしながらお薬が効いているのか、投薬を始めてからは症状の発症頻度や程度が比較的穏やかになっているのでそれは安心材料です。


最初に動物病院で診察を受けた時は、まずCT検査を受けました。

骨になんらかの異常があるために猫が痛みを感じており、こういった痙攣症状を呈している可能性があったからです。

しかし結果としては骨に異常はありませんでした。

他にも神経疾患や皮膚疾患等も原因として考えられると先生がおっしゃっていましたが、うちの猫の場合ははっきりとした原因はわからないとのことでした。

それでも痛み止めのお薬が効いているということは、原因はわからないけれども、なんらかの痛みを感じていたことは確かで、それがお薬の作用で落ち着いているということです。


しかしながら、投薬をすれば落ち着くけれども、投薬をしなければ症状が出てしまうということになると、お薬を恒常的に投与しなければいけないことになります。

どうやら命に関わる症状ではないらしいので、その点は安心なのですが、投薬治療以外で症状を緩和する方法があればいいなと思います。


我が家の猫も既に10歳を超えているので、人間のように腰が痛かったりするのでしょうね。

長生きをしてほしいので今後も経過を観察していきたいと思います。 

 

最後に我が家の猫様の最近のベストショットを掲載します。

f:id:gorilla-strong:20200530054905j:plain


以上、ゴリラストロングでした。