ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




【いざ覚醒のとき】『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』を購入しました。




どうも、ゴリラストロングです。


突然ですが皆さんは自分の強みを把握していますでしょうか。

筆者はというと全く把握できていません。

というよりも自分に強みなんか何もなくて、ダメダメなのび太君なのではないかと卑屈にさえなっています。


そんな筆者ですが、かの有名な勝間和代氏の考え方が好きで勝手に心の師と仰いでいます。

氏の著作はいくつか読んでいますが、いつも何らかの変化を人生に与えてくださるので非常に素晴らしい作家さんであると思っています。

氏のYouTubeもよく拝見させていただきますが、無編集で理路整然とお話されていて毎回ためになる気づきを与えてくれます。


筆者は氏の著作『断る力』を読んで、是非自分の強みを把握してスペシャリティになりたいと思いました。

 


断る力 (文春新書)

 

氏曰わく、テストを受けることにより自分の強みが客観的な指標として把握できるようになりますよ、とのことで、その文脈で紹介されていたのがストレングスファインダーというテストでした。

 

ストレングスファインダー®は、アメリカのギャラップ社が開発した、人の「強みの元=才能」を見つけ出すツールで、Webサイト上で177個の質問に答えていくものです。

ストレングスファインダー®は「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という故ドン・クリフトンの考え方に基づいて開発されました。ストレングスファインダー®の開発にあたってギャラップ社では、強みを見つけていくために、人がもつ様々な才能をあらゆる角度から抽出し、それらを最も共通性のある性質で分類(クラスター化)していきました。最終的にそれらは34の資質として特定され、各資質にはその資質の特徴を表す名前が付けられました。ストレングスファインダー®を受けると、あなたの中でその34の資質がどういう強さの順番で現れるのかがわかります。  

ストレングスファインダー®とは | ストレングス・ラボ / ストレングスファインダーを使った企業研修及び個人講座、人材育成

 

ストレングスファインダーについては氏のYouTubeでも紹介されていたのでいつか受けてみたいと思ってはいたのですが先延ばしにしてしまっていました。


先延ばしにしていたものをやっと受けてみようと思い立ったのは、年齢的な問題と自分の人生を変えるきっかけが欲しいという思いからです。

一般的に35才を超えるとノーキャリアの人の転職が大変難しくなるといいます。

筆者は現在30代前半なので、もし今後再就職を目指すのであればあまり残された猶予はないことになります。

また、自分には強みが何も無いと言って卑屈になっている現状を抜け出すための第一歩となるのではないかという淡い期待もあります。


そういった事情で、この書籍を購入しました。

 


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

  
この書籍にはストレングスファインダーを受験するためのコードが付属しています。

 

※中古本だとコードが機能しない可能性が高いです。購入される際は必ず新品を購入
 してください。

 

筆者はまだ受験していませんが、完了したらまたブログに書きたいと思います。


筆者はいままさに人生の迷路に迷い込んでいる状態です。

こうやってブログを書いたりはしていますが、迷路の出口は全く見えてきません。

自分が何者で社会に対してどんな役割を担うためにこの世に生を受けたのか、完全に不明です。

ストレングスファインダーを受けてその謎を解く糸口が見つかればいいなと思っています。

 

筆者が購入したストレングスファインダーの本

筆者が購入したストレングスファインダーの本


この記事を読んでくださっている方で筆者のように自分の強みや資質が分からず人生迷子状態の方がいらっしゃったら是非こちらの書籍を購入してストレングスファインダーを受けてみてはいかがでしょうか。

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。