ゴリラストロングの雑記帳

月収10万円の広告収入を目指す自称専業ライターのブログです。




HSPの処世術~ビンカンな人の人生ヌルゲー戦略




女性, バーンアウト, マルチタスク, 顔, 輪郭, 空白, 潜在的な心

 

どうも、ゴリラストロングです。

 

最近Youtubeを眺めていると「HSP」という単語を目にしました。

調べてみるとHSPとはHighly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)のことだそうです。

HSPは「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」という意味だそうです。

 

少し調べたところあまりポジティブな意味では使われない言葉である印象を受けました。

HSPの人は日常の様々な場面で苦労するという文脈が多い印象を受けました。

かくいう筆者もどうやらHSPの気質を持っている可能性が高いです。

 

確かに筆者も物心ついてから色々な場面で苦労することがありましたし、現在進行形で苦労していると言えるかもしれません。

一般的な意味での人生の成功とは程遠いところにいる自覚もあります。

しかしそれで不幸なのかと言ったら必ずしもそうとは思いません。

 

少し乱暴な言い方をしますが、一般的に考えられている人生の成功の定義とは、つまるところ「モテ」と「カネ」ですよね。

もっとチヤホヤされたい、もっとお金を稼ぎたいという欲求は誰にでもあるのではないでしょうか。

なので今回は「モテ」と「カネ」をテーマにHSPの人の人生戦略を考察してみたいと思います。

 

目次 

  

HSPとは

 ハイリー・センシティブ・パーソン(英: Highly sensitive person, HSP)とは、生得的な特性として、高度な感覚処理感受性(あるいは生得的感受性を持つ人のこと。テッド・ゼフの著書「The Highly Sensitive Person's Companion」による定義では「産まれたときから幼少期に渡り説明のつかない体験を繰り返し、HSPではなく生まれた人より五感が鋭く、精密な中枢神経系を持ち、良い刺激にも、悪い刺激にも強く反応する感受性の強い人達」とされる。HSPは生まれ持った気質であり、生涯、変わることはない。人口の約15~20%を占め、男女によって偏りは見られない。同様の性質は、人間以外にも100種以上の生物にも見られる。

出典:ハイリー・センシティブ・パーソン - Wikipedia

簡単にまとめると先天的に五感が鋭い人のことをHSPと呼ぶみたいですね。

筆者が想像していたよりも多くの人がHSPに該当するようで驚きました。

意識して観察してみれば身の回りにもHSPの人がいそうですね。

 

以下の特徴があるようです。

①深く情報を処理する

②過剰な刺激を受けやすい

③共感しやすい

④心の境界線が薄い・もろい

⑤疲れやすい

⑥自己否定が強い

出典:HPS(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン | 仙台の心療内科・精神科・美容内科マドレクリニック

五感が鋭いがために情報過多になり疲れやすいというのが大きな特徴と言えそうです。

筆者の場合で言うと、部屋が散らかっていると集中できない、刺激が多すぎてテレビを見るのが苦痛である、雑音がやたら気になるなどが該当するかと思います。

 

HSPの診断テストもありますので、ご興味のある方は受けてみてはいかがでしょうか。

https://hsptest.jp/

 

 筆者も受けてみました。

 

--- 診断結果 ---

スコア:93
(-52~140)

HSP度:【中】

HSPであると思われます。一般的な人々よりも非常に繊細な心を持っています。傷つきやすいかもしれませんが敏感であることは過ちではありません。それどころかあなたの人格を豊かにしてくれます。無理せず自分らしくいることで喜びを感じることができるでしょう。

 

HSP関連で話題の本>

 

 

HSPの有名人

 

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん

 

ご自身がHSPであることをSNSで公表しているそうです。

この事実を知ったとき、筆者は意外だと思ってしまいました。

バラエティ番組で見せる彼の奔放な言動や立ち回りの器用さからは想像がしがたかったからです。

最近では相方さんの不祥事の火消しが素晴らしいと評判になっていましたが、彼がHSPであることを考慮に入れると、考えに考え抜かれた戦略の賜物だったのかもしれないと思いました。

細やかな気づかいや感性の豊かさを持っているからこそ「モテ」と「カネ」を手に入れることができているのであろうと推察します。

彼のような生き方にHSPの人の適切な人生戦略のヒントが隠されていそうですね。

 

 

 

HSPがモテるには

 

気遣いができることを前面に打ち出していくべきでしょう。

 

・深く情報を処理する

場や人の空気を深く読み取る能力に長けているので、相手が何を求めているのか瞬時に察知することができる。

 

・過剰な刺激を受けやすい

相手の感情や周りの雰囲気に対しても敏感に反応できる。

 

・共感しやすい

自分の周りの人の感情を読み取る能力に長けている。

 

HSPのこういった特徴から、適切な気配りができればモテることうけあいでしょう。

 

 

HSPが稼ぐには

 

会社組織で働くことが苦痛なHSPは多くいるようです。

そうなるとフリーランスで働くのがよさそうですね。

 

・WEBライター
WEBデザイナー
・WEBマーケター
・ブロガー
・データ入力

 

こういったお仕事ならクラウドソーシングにもたくさんありそうですね。

それか専門的な知識を勉強して資格をとるなどして専門職と呼ばれる職種に就くのなら会社員としても就業できるのかもしれません。

 

 

まとめ

HSPの人は良くも悪くも繊細な人が多いことが分かりました。

その特質を短所としてとらえるのではなく、長所として伸ばしていけたら人生うまくいきそうですね。

筆者もこの記事を執筆していて自分もHSP気質であることが分かったので、HSPの長所に目を向けて前向きに生きていきたいと思います。

これはHSPとは直接関係ないかもしれませんが、筆者は先日「ストレングスファインダー」という心理テストを受けました。

このテストは自分の強みや特性を理解するのに大変役立ちます。

HSPと一口に言ってもそれはあくまで個々人の考え方や感じ方の傾向をひとくくりにした言葉であるため、もっと深く自分を知りたいとお考えの方は是非「ストレングスファインダー」を受験してみてください。

きっと自分に対して新たな発見があるはずです。

 

 

ご覧いただきありがとうございました。

以上、ゴリラストロングでした。